派遣が多い理由

派遣が多い理由

一般事務の仕事

派遣で働く一般事務の仕事は「派遣法で定める26項目」とそれ以外の仕事と定められているようです。
その「派遣法で定める26項目」を調べて見ると以外と専門的な知識が必要な項目もあるし、誰でもが簡単に出来そうな項目もあって派遣で働く時の一般事務の仕事はどんな仕事の内容なのでしょうか?一般事務で働く場合の必須条件としてはパソコンの操作が出来る事でエクセルやワードを使って文章作成が出来る事です。
特に資格は必要ありませんがある程度の知識は必要です。
次にコピー機などを使って資料の増刷が出来る事、書類のファイリング、インターネットやメールを使った通信や電話応対が出来る事です。
他にも会議の準備、議事録、接待や発送の申し込みや依頼など書ききれない位に様々な仕事があります。
勿論、雑務も沢山あります。
一般事務の仕事は決して華やかな仕事ではありません。
どちらかと言えば「縁の下の力持ち」的な地味な仕事で毎日単純な作業の繰り返しに時にはうんざりする事もあります。
ですが、どんな企業にでも絶対になくてはならない職種で、どんな出来事にも臨機応変に対応できる適応性や常識、伝達力、協調性が必要になります。
特に周りへの気配りも必要で一般事務の存在によって職場の雰囲気は随分と変わる物です。
そんな一般事務で働く人は昔は正社員が多かったのですが業務が機械化され簡素化された事によって近頃では正社員ではなく派遣やパートが多くなりました。
以前に一般事務の派遣に登録したら35歳までと言われ断られた事があります。
一般事務の派遣は若い女性にお勧めです。