派遣が多い理由

派遣が多い理由

人材派遣の種類

人材派遣には3つの種類があります。
(1)一般労働者派遣、(2)特定労働者派遣、(3)紹介予定派遣の3種類です。
この3種類の派遣に形態について調べてみる事にします。
(1)の一般労働者派遣は、多くの人が「派遣」と言う言葉を聞いて思い浮かべるイメージに該当する一番一般的な派遣に形態です。
登録型派遣とも呼ばれ、派遣会社に登録して登録した派遣会社から仕事を紹介して貰います。
必ず期間が設定されていて、その期間中にだけ派遣会社との雇用関係が生まれます。
ですが登録しても必ず仕事がある訳ではありません。
(2)の特定労働者派遣は、派遣会社に正社員として雇用され、派遣会社の正社員として派遣先で働くと言う形態です。
派遣先が決まらない時でも給料は支払われるので安定した収入を得る事が出来るので大変魅力的です。
エンジニアなどの専門職に多い形態です。
(3)の紹介予定派遣は、近い将来、派遣先に正社員として採用される事を前提として派遣先で数ヶ月間派遣社員として働きます。
その後に派遣先の会社から正社員として採用されると言う形態です。
派遣期間は最長で6カ月と決まっていて派遣期間が満了した段階で派遣先の企業の正社員になる事が出来ます。
派遣先の企業にとっては派遣社員の能力が把握できて、派遣社員にとっては派遣先の企業に内容が十分に理解できるので、どちらにも大変メリットがあります。
派遣期間中であっても派遣期間終了時でも、どちらからでも断わる事も出来ます。